熊本地震などで車中泊をして避難生活を送っていた方たちが亡くなったというニュースがありました。

その原因はエコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症)です。

ちょっとした知識があれば車中泊でも問題ありません。

エコノミークラス症候群を防ぐには

エコノミークラス症候群の主な症状として

  • 呼吸困難
  • 胸の痛み
  • 足のむくみ

などがあります。

原因は長時間の同じ姿勢を避けることが重要です。

長い時間同じ姿勢でいると4時間程度で血栓ができます。

避難生活で亡くなった方は、運転席や助手席で寝ていたためにエコノミークラス症候群になってしまいました。

運転席や助手席で寝るのではなく、後部座席をフラットにして足を水平にして寝ればエコノミークラス症候群になることはありません。

家で寝るのと同じような状態を作ることが大切です。

 

予防で大切なことは3つ

  1. 長時間の同じ姿勢を避ける
  2. 歩くなどして足を適度に動かす
  3. 適度に水分をとる(アルコールはだめ)

これらを守ればエコノミークラス症候群になることはありません。

まとめ

運転席や助手席を倒して車中泊を考えている方は要注意!

後部座席をフラットにできない車で車中泊をしようと思っているなら考え直したほうがよいでしょう。

 

車中泊のコツの関連記事
  • 車中泊で死んじゃう!?エコノミークラス症候群を防ぐには
おすすめの記事